よくある質問

部活との両立はできますか?

私たちは文武両道を推奨しています。好きなことはとことん納得のいくまでやってほしいと考えています。その中で鍛えられた精神が、勉強にも生かされると確信するからです。だからこそ、部活動を「勉強ができない言い訳」には絶対にして欲しくないのです。部活動も勉強も一生懸命、その姿こそが「中学生らしい」と私たちは考えます。

 

宿題は出ますか?

私たちは宿題にこだわります。原則、毎回の授業で宿題を出します。宿題は授業と同様、力をつけるためには必要不可欠なものです。透塾の授業をしっかり受けていれば、宿題をやりきることで、必ずや生徒のみなさんに力をつけることができると確信しています。
受験勉強を始めるまで予習が宿題になることはありません。その日学習したことを定着させるための復習として宿題を出します。得意、不得意にもよりますが、授業をしっかり受けていれば、1教科30分程度で終わる量を宿題の量の目安としています。

 

家であまり勉強しないのですが、成績は上がりますか?

透塾に通い、しっかり授業を受け、課題をクリアすれば、成績は必ず上がります。何事も一定の成果を引き出すためには「継続」が大切です。腕立て伏せを100回したからといって、すぐに筋肉隆々にはなりません。勉強も同様で、少し勉強をしたからといってすぐに成績はあがりません。少なくとも3ヶ月はかかります。
人間、本気になってやれないことはありません。
お子様が「自分はできない」と思ってしまうことが最も避けたいことです。
私たちはたくさんの教え子からそのことを教えてもらいました。
努力すれば誰しもが大きく成長し、可能性を切り開いていけます。

 

片塩、高田、高田西以外の中学校に通っているのですが、入塾できますか?

片塩、高田、高田西中学限定の塾なので、それ以外の中学校からは入塾できません。
片塩、高田、高田西の3中学に限定し、定期試験に向けて高い水準での指導を続けていきたいからです。
今後、「他中学に通っているが透塾に通いたい」という声がたくさんあり、私たちの専門性が下がらないと判断した場合のみ、新規開校という形でご要望にお応えします。

 

見た目の授業料や年間諸経費以外にも、講座や補習、塾内テストなどの料金が発生する塾が多いようですが、透塾はどうですか?
また「プリント費」について、詳しく教えてください。

講座や補習、塾内テストなどで別料金が発生することは一切ありません。必要以上のお金をいただきません。
(一部の外部試験については別途料金をいただきます。)
透塾の中学生クラスが普段使う教材は、全て定期試験の過去問を参考にして私たちが作成します。
プリント費は、教材費と塾内テスト費を合わせたものだと考えてください。
年間のプリント費として(ユース:10,800円、中学生:16,800円)をいただきます。
尚、ユースコースでは、各教科1冊の教材を購入いただきます。

 

遅刻、欠席する場合、どうすればいいですか?

必ず、事前に連絡してください。通塾における安全確保のためです。
また、欠席した場合、その日の授業内容は、メールにて連絡いたします。 もちろん、遅刻、欠席はないほうが望ましいです。
遅刻しないための努力、休まないための体調管理、まず生徒のみなさんにはそういう気持ちや姿勢を大切にしてほしいと考えています。私たち教師も同様です。そういう意味でも先生と生徒が切磋琢磨しあえる関係でありたいのです。

 

授業がない日に自習できますか? 質問はできますか?

できます。Q&Aの宿題の項目にも書いたように、宿題を仕上げることも、学力を向上させるための大切な役割を担っています。しかし、家には様々な誘惑があるものです。より集中できる環境を求める方に、透塾の自習室はお薦めできる空間です。
質問は原則、授業前後に担当の先生が受けますが、その先生が授業をしている時間帯は、チューターの先生に聞いてもらうこともできます。

 

ページの先頭に戻る